浄水器Q&A

Q1. 浄水器を通した水はホントにおいしいの?

日本の水は、もともと水質が良く大変飲みやすいおいしい水です。
浄水器は、水道水を本来のおいしい水に戻す機能がある給水器具です。水道水に含まれる残留塩素を取り除き、配管内のサビや汚れ、発ガン性があるといわれている総トリハロメタンなどの有機塩素化合物、CAT(農薬・環境ホルモンの一種)、溶解性鉛などの不純物をろ過し、おいしくない水の要素であるカビ臭や塩素臭を除いて、安心でおいしい水によみがえらせてくれます。
また、浄水器を使っても基本的に水に含まれるミネラルの量に変化はありませんので、私達が昔から慣れ親しんできたおいしい水が味わえるのです。
浄水器は、まさに「水をみがく道具」といえますね。

MEMO

浄水器も使い方を誤ると、その機能が活かされません。特に使用限界を過ぎたカートリッジでは、不純物を除去する性能が落ちています。これではせっかくの浄水器の性能が活かされないばかりか、もとの水よりもまずくなってしまうことがあります。カートリッジの交換を必ず行い、長時間使わなかった場合は、一旦浄水器にたまった水を出してからお使いになると、安全でおいしい水をいつでも味わえます。

Q2. 浄水器でろ過した水は、どんなことに使えるの?

(1) 飲み水はもちろん、緑茶、コーヒー、紅茶、水割りなどに。
(2) 炊飯、みそ汁などの料理の材料にはもちろん、洗米、野菜洗いなどに。
(3) その他、赤ちゃんのミルクや製氷など飲食用の水すべてに。

詳しくは浄水器の上手な使い方をご覧ください

MEMO

炊飯時にのみ浄水を使用される方が多いようですが、洗米時に約10%の水分がお米に吸収されているのをご存知でしょうか。また、残留塩素はビタミン類を壊します。おいしいご飯を炊くためにも、お米を研ぐときからぜひ浄水器の水をお使いください。

Q3. 市販のミネラルウォーターの方がいいんじゃない?

ミネラルウォーターは水の循環の途中に立ち寄った地域の水をそのままペットボトルに密閉され、殺菌処理後長い日数を経て消費者の手に届きます。
そして時にはガソリンよりも高価になる場合もある水になってしまいます。日本の自然の水が水源となっている水道水を、必要なときに浄水器を通し、本来の自然に近い水にするのが新鮮で安心な水といえます。

水のコスト比較

家族4人で1日40L (飲食用) 使用すると想定した年間の使用量で比較
メイスイ浄水器(M-100)の場合

浄水器カートリッジ交換費用
(フルメンテナンス付き) 18,500円(税抜き)
水道代(約0.3円/L)4,380円
(0.3×40×365=4,380)

22,880
1L=約1.6円
ミネラルウォーターの場合

ミネラルウォーター1本2L/100円を
1日必要量20本で、2,000円を
年間で7,300本を購入すると
 

730,000
1L=約50円
コスト面でも、浄水器の水は断然経済的です! ※水道料金は東京都水道局23区内の場合(25m3/月使用)

Q4. ペットボトルの水はどんな水?

一般には水道水よりもペットボトルの方が「安全だ」というイメージが浸透しているようですが、実際にはミネラルウォーターは食品衛生法に基づく20項目のみの検査で、衛生管理や水源についての法的規制はありません。また、使い終わったペットボトル容器のゴミの問題や、再生にかかるエネルギー、さらに商品を運搬するエネルギーは大量に消費される問題があります。
一方、水質基準に基づく51項目にわたる厳しい検査を経て供給されている水道水をさらにろ過し、おいしい水にした浄水器の水が新鮮で、かつ安心であり、ゴミが出る心配もありません。
おいしさや新鮮さはもちろんのこと、安全性と経済性、さらにゴミや資源などの環境問題を含めて、もう一度「日本の水」を考え直してみることも大切です。

Q5. なぜビルトインがいいの?

水道水をおいしくよみがえらせるには、汚れをしっかり吸着し、残留塩素を分解することが大切です。そのためには、活性炭の容量が多く、水が接してる時間の長いビルトインの浄水器が最適です。
メイスイでは一年間安心しておいしい水を飲んでいただくために、充分な量の活性炭を使用しているビルトインタイプを設計、製造しています。

MEMO

カートリッジを透明にして中の汚れ具合を見えるようにできないか、とのご質問をいただくことがありますが、メイスイの浄水器は目に見える (色の付いた) 鉄サビや有機物などの汚れ以外に、総トリハロメタンに代表される有機塩素化合物やカビ臭などの無色透明なものも吸着します。したがって、透明にすることは逆に誤解を招くことになります。

Q6. キッチンだけじゃなく、家やビル全体を浄水するシステムってあるの?

トイレや洗濯など飲用以外の水は水道水で十分に対応できます。また、すべての水から消毒用塩素を取り除くと衛生の面で非常に心配です。そこでメイスイでは飲食用に使用される水に限って配管の末端近くで必要なときだけ浄水器を使用し、ろ過する方法を推奨しています。

Q7. 高度浄水処理の水なら安心じゃないの?

高度浄水処理とは、従来の浄水処理にオゾン処理設備と活性炭処理設備を加えたもので、カビ臭やトリハロメタンの低減が期待されています。
しかし、配管に由来する不純物や受水槽などでの汚染物質は高度浄水処理後の問題ですし、オゾン処理により新しい化合物が生成される可能性も指摘されていますから浄水器が必要だといえます。

Q8. 浄水器の水で氷を作ってもいいの?

保存期間は1日を目安に、衛生面を管理すれば大丈夫です。
浄水器の水を冷蔵庫で冷やしておくと便利で、氷もおいしく作れます。
給水タンクや製氷皿などをつねに清潔にしましょう。

詳しくは浄水器の上手な使い方をご覧ください

Q9. 浄水器の水をマイボトルに入れて持ち歩いても大丈夫?

短時間であれば大丈夫です。水はその日のうちに使い切ってください。

詳しくは浄水器の上手な使い方をご覧ください

メイスイのこだわり

水の中の不純物や臭いを取り除き、おいしい水の基本となるミネラル分だけをそのまま残した、安心でおいしい水をご提供します。メイスイ ビルトイン浄水器の「こだわり」は、業務用のプロにも認められた「使いやすさ」と浄水能力にあります。

詳しくはこちら