地球環境のために

地球環境のため、
3つの「R」に取り組んでいます。

メイスイでは地球環境の保全のため、
Reuse(再利用)Reduce(省資源)Recycle(再資源)に取り組んでいます。

再利用

Reuse

使用済みの浄水器は回収し、ステンレスなどの金属部分はできる限り再利用します。

省資源

Reduce

再利用、再資源化が可能な材料を使用できるように、浄水器の設計の段階から廃棄物を減らし、ゼロ・エミッションを目指します。また、浄水器の製造には省エネルギー化を図り、出荷には通い函を使用するなど省資源化に取り組みます。

再資源

Recycle

水をおいしくよみがえらせる活性炭は「いきいきポット」や「土壌改良材」に生まれ変わり、やがて土に戻ります。また、アルミや再生できるプラスチックはマテリアルリサイクルとして材料再生します。

メイスイでは環境におよぼす影響に
常に配慮しながら活動しています。

廃棄物を原材料などに有効活用することによって、廃棄物を一切出さない資源循環型の社会をつくる構想「ゼロ・エミッション」に取り組んでいます。使用済み浄水器カートリッジの回収が資源やエネルギーを大切にすることにつながります。

メイスイでは製品の再利用・再資源化に取り組んでいます。ともすれば膨大なごみになってしまう、消耗品である浄水器カートリッジを交換し、使用済み浄水器カートリッジを回収して再利用・再資源化しています。

1一般家庭や企業、レストランなどから回収

工場の1階に使用済みの浄水器が到着し、それを段ボール箱から出し、中に残っている水を抜いて、リサイクル&リユースの作業を行っている2階へ移送します。

2家庭用と業務用に分け洗浄、研磨

家庭用浄水器カートリッジのヘッド部分をカットし、中の樹脂やゴム、逆流防止弁などの部品を取り出します。業務用浄水器はラベルをはがし、ステンレス部品などを機械で高圧洗浄します。落としきれなかったサビや油汚れは、手作業で1つ1つ磨き落とします。

3リサイクル

解体され、種類分けされた浄水器カートリッジの部品で、新しい浄水器の部品として再使用できないものは再資源化材としてリサイクルされます。また、浄水器の中に入っている活性炭は専用のシンクで洗い出し、1階に回収します。洗い出しに使われた水は再び活性炭の洗い出しに使われ、循環されます。

4再資源化材の回収

使用済み浄水器カートリッジから取り出されキレイに洗浄された活性炭は、メイスイ独自の技術で、「いきいきポット」や「ウォーターガーデンの土」「脱臭炭の子」「かぁぼファミリー」へと生まれ変わります。
また、アルミ材や再生できるプラスチックは、マテリアルリサイクルとして材料再生します。

5リユース

ステンレス部品などは目でしっかり確認しながら手作業で仕上げ洗浄をし、乾燥機で乾燥させ、新しい浄水器の部品として再利用します。

暮らしの中に自然を取り入れてみませんか?

きれいな水からきれいな空気を生み出すものへと生まれ変わります。

浄水器の中で水をろ過する役目を終えたヤシガラ粒状活性炭は、メイスイ独自の技術で植物をいきいき育て、キレイな空気を生みだすガーデニング用品へと生まれ変わります。

リサイクル活性炭から生まれた商品

いきいきポット広い大地にいるように植物がイキイキ育つ

緑の葉には根や幹から吸い上げた水を、水蒸気や新鮮な空気にかえる働きがあります。「いきいきポット」は、通気性、通水性に優れているため、植物にストレスを与えず、ゆったりと育てます。植物の力と活性炭の働きで、お部屋の空気をよりキレイにし、リラックスできる空間を生み出します。

かぁぼファミリー・脱臭 炭の子部屋の空気を新鮮に保つ

脱臭,消臭効果に優れた「かぁぼファミリー」「脱臭 炭の子」は、心地よい空間を生み出す環境グッズです。

ウォーターガーデンの土活性炭をいかした植物にやさしい培養土

リサイクル活性炭の他、植物に有効な成分を独自にブレンド。ガーデニングをより手軽に楽しめます。

炭生まれのポットは、植物にうれしい「ポーラス仕上げ」です。

いきいきポットは、素材に炭を使用しているので通水性・通気性は抜群。さらに植物にストレスを与えず、根がよくはりめぐるポーラス仕上げにより、植物はゆったりと成長します。また炭がホルムアルデヒドなどのにおいを吸着するので、お部屋の空気を清潔に保つ効果もあります。さらに使用後は土に戻るなど、植物に、人に、環境に配慮したエコロジーポットです。

空気清浄効果試験

検体
いきいきポット
目的
検体のホルムアルデヒド吸着効果を調査する。
条件
気温22℃
方法
300Lの容器の中に検体を設置して、5ppmのホルムアルデヒドを容器内に注入した。
ホルムアルデヒドの濃度に反応するセンサの出力値 (Output) を経時的に測定した。
センサの出力値がピークに達したときと注入前のベースレベルに達したときの特性を浄化特性 (Pa) として算出した。
結果
約5時間程度で5ppmのホルムアルデヒドが清浄な空気レベルに戻った。
依頼先
金沢星陵大学 地域経済システム研究科 大藪多可志研究室
実施日
2002年11月15〜16日

メイスイのこだわり

水の中の不純物や臭いを取り除き、おいしい水の基本となるミネラル分だけをそのまま残した、安心でおいしい水をご提供します。メイスイ ビルトイン浄水器の「こだわり」は、業務用のプロにも認められた「使いやすさ」と浄水能力にあります。

詳しくはこちら